townewトーニューゴミ箱のゴミ袋(リフィル)を交換したレビュー

トーニュー(townew)スマートトラッシュボックスについているゴミ袋はリフィル(詰め替え用品)なので無くなったら交換しなくてはいけません。誰でも簡単にできるものなのか心配ですね。

そこで、トーニューゴミ箱のリフィル交換のやり方と感想をレビューします。交換に関する疑問もまとめました。
townew全自動スマートゴミ箱にはいくつか種類がありますが、我が家では「トーニュースマートトラッシュボックスT1」を使っています。

ゴミ袋を縛るときに臭うあのゴミ臭から解放されて、買って良かったな~と実感しています。

心配だったゴミ袋の交換はとても簡単にできました
手順はシンプルなので一度やれば覚えられますし、交換後に残るゴミも1つだけ。

今回は旦那がやっていましたが、横で見ていてこれなら機械が苦手な私でもできる!と思いましたよ。

townewトーニューゴミ箱のゴミ袋(リフィル)交換のやり方

リフィルカートリッジ6個入りを購入しました。
townewゴミ箱リフィル

1個1個ビニールに包まれているリフィルカートリッジが箱ぴったりに入っています。
(段ボールを開けるときにカッターで傷つけなくてよかった~。)
townewゴミ箱リフィル

ひとつ取り出して、包まれているビニールを取ります。
townewゴミ箱リフィル

本体のボタンを押して開蓋モードに切り替えます。
(我が家の場合は電源を入れず手動で開けてしまいましたが問題ありませんでした)townewゴミ箱リフィル

マグネットリングとリフィルリング(使用済みゴミ袋のリング)を取り外します。
townewゴミ箱リフィル
左がマグネットリング、右が使用済みリフィルリングです。
townewゴミ箱リフィル

本体に新しいリフィルと取り付けます。
townewゴミ箱リフィル

マグネットリングを戻してボタンを押して自動感知モードに切り替えます。
(我が家の場合はこのタイミングで電源を入れました)

ボタンを長押しするとゴミ袋の自動交換は終了です。

ボタンを長押しすると「ヴィヴィヴィーーーーーーン!!!」となかなか大きな音を立ててゴミ袋がセットされます。子どもが寝ている横などではやらない方がいいかもです。

ゴミに捨てるのはこのリフィルリングだけです。
townewゴミ箱リフィル

ネジを回して外したりしないのでとってもカンタンです。手も汚れません。

液漏れや汚れの付着がなく、リフィル1個分使ったあとでも本体の中はとてもきれいで清潔でした。
townewゴミ箱

デメリットは、カートリッジを店頭に「買いに行く時間」とゴミ袋にしては「値段が高い」ことです。

今回は初めてなので取り扱いのある店舗へ買いに行きましたが、カートリッジはネットでまとめ買いがおすすめです。無駄な時間も省けますし、持ち帰る手間がかからないから楽です。

楽天なら5倍ポイントデーやお買い物マラソンなどポイントアップを狙えばさらにお得に買えそう♪

ゴミ袋に800円近くかかるのがもったいない人は使わなくなってしまうかな~と思うので、そういう人はtownewのゴミ箱の購入は見合わせたほうがいいと思います。

townewトーニューゴミ箱のゴミ袋(リフィル)交換のぎもん

townewゴミ箱のリフィルに関する疑問をまとめました。

専用ゴミ袋(リフィルカートリッジ)がなくなったときの合図は?

専用ゴミ袋 がなくなった場合は、ふたが自動で開いて音でゴミ袋がなくなったことを知らせてくれます。(参考:townew公式HP

専用ゴミ袋以外でも使える?

専用ゴミ袋しか使用できません。
スマートトラッシュT1とT Airシリーズは同じリフィルが使えます。T3は楕円形の専用リフィルを使用します。(参考:townew公式HP

リフィルはまとめ買いがお得?

リフィルはセットで買うと1個あたり120円お得になります。T1(T Airシリーズ)とT3のリフィルの値段は同じです。

1個セット⇒通常価格780円
3個セット⇒通常価格1,990円
1個約660円★350円お得
6個セット⇒通常価格3,980円
1個約660円★700円お得

※T1(T Airシリーズ)の半透明ホワイトゴミ袋は1個につき+100円高くなります。

リフィルの交換頻度は?

1つのカートリッジで約25回分の梱包が可能です。交換頻度は1ヶ月に1度が目安です。

まとめ

townewスマートトラッシュボックスのゴミ袋の交換はとても簡単でした。これで安心してこれからも使い続けられます。

おすすめ記事>>townewゴミ箱の大きさは?サイズ感を家にあるもので比べてみました

 

タイトルとURLをコピーしました