オーブントースター縦型のデメリットとメリット おすすめする人は?

縦型のオーブントースターはオシャレな見た目と省スペースに置けるのが魅力です。
しかし、そんな縦型オーブントースターには「機能性」「加熱時間が難しい」「圧迫感がある」というデメリットもあります。

縦型オーブントースターのデメリットとメリットを知ることで自分が縦型向きか横型向きなのか分かります。

縦型?横型?で迷っている人は参考にしてみてくださいね。

オーブントースター縦型のデメリットは?

冒頭でも書いたように、縦型オーブントースターのデメリットは「機能性」と「加熱時間」と「圧迫感」です。

なぜそれらがデメリットなのか、それぞれ分けてまとめました。

機能性

縦型オーブントースターは機能がシンプルなものが多いです。

最大1000Wで15分タイマー、サーモスタット機能(熱くなりすぎないよう自動で温度を調整してくれる)など基本的な機能はついていますが、

高級横型オーブントースターによくあるパンを美味しく焼き上げるスチーム機能や0.2秒で発熱などの特別な機能がありません

オーブントースターの機能でより美味しいトーストを食べたい人やオーブントースターを使っていろんな料理をする人には縦型は不向きです。

加熱時間が難しい

縦型オーブントースターは庫内のヒーターと食材が近いため、気を抜いているとあっという間に焦げてしまいます。

パンの上にチーズやベーコンなどをのせて焼く場合も、具材はしっかり焼けるけどパンはまだ焼けてない~なんてことも。焼き加減には慣れが必要です。

そのかわり、グラタンやピザはきれいな焼きめができて、短時間でおいしそうな仕上がりになりますよ。

また、ヒーターが近いことによって、取り出すときにうっかりヒーターに触れてしまう可能性があります。

心配な場合は、焼き網がスライドするタイプや焼き網ごと取り出せるタイプがおすすめです。

 

↑レコルトのスライドラックオーブンデリカは、取っ手付きの焼き網になっていて焼き網ごと全部取り出せるので安心です。
CHECK>>レコルトのスライドラックオーブンデリカは使いやすい?口コミも

圧迫感

横型に比べて省スペースで置ける縦型オーブントースターですが、その分高さがあるため圧迫感(存在感)があります。スリムだから小さいとイメージしているとビックリするかもしれません。

オーブントースター縦型のメリットは?

縦型オーブントースターはコンパクトで置き場所にも困りません。スリムでもパン2枚はしっかり焼けるって嬉しいですね。その他のメリットは「シンプル機能」「時短」「デザイン」です。

こちらもそれぞれ分けてまとめました。

「シンプル機能」

細かい設定がない縦型オーブントースターは目盛りも使い方もシンプル。感覚で使えるから誰にでも使いやすいです。

「時短」

ヒーターが近いため食材がすぐに焼けます。朝の忙しい時間は助かりますね。
2段式タイプだと上段でパン、下段で卵やウインナーなどを焼くこともできます。

「デザイン」

スリムでカッコいいデザインも魅力です。オーブントースターといえば横長のイメージが強いため、縦型を知らない人にはトースターだと気づかずオシャレなキッチン家電だと思われるかもしれません。

ミラーガラスタイプにするとよりスタイリッシュでカッコいいですね。

 

↑コイズミの縦型オーブントースターは全面がミラーガラスになっています。中の汚れも気になりませんね。

オーブントースター縦型はこんな人におすすめ

「オーブントースターは普通に焼ければ十分、
その代わりオシャレで狭いスペースに置けるものが欲しい!」

こんな風に思っている人には縦型のオーブントースターをおすすめします。

逆に、

「機能性抜群のオーブントースターを使いたい!」
「チルドピザが好きで丸ごと焼きたい!」

という人は横型がおすすめです。

CHECK>>アラジン グラファイト&グリルトースターの口コミと評価は?

まとめ

縦型オーブントースターは使う目的によってデメリットと感じる部分も多いので気を付けましょう。

CHECK>>オーブントースター 縦型でスリムなのでおしゃれなインテリアとしてもおすすめ

パンを焼きながら調理もできる調理プレート。あったら便利かも。

 

 

タイトルとURLをコピーしました