子連れピクニック。テーブルは軽量の折りたたみ式がおすすめ

イチョウが黄色く色づく秋晴れの日は、絶好のピクニック日和ですね。秋の優しい日差しをたっぷり浴びたり、落ち葉を踏みしめる音に耳をかたむけたり、ドングリを拾ってみたり。毎日家の中でこどもといると息がつまりそうになりますが、そんなときは、ピクニックセットを持って公園に出かけましょう。外で見るこどもの姿は、一段と抱きしめてあげたくなるくらいかわいいですよ♪

ピクニック雰囲気をさらに盛り上げるため、あると便利なアイテムは、ピクニックテーブルです。レジャーシートを敷いて、テーブルを置くだけであっという間にピクニックらしくなり、気分が上がります。公園でピクニックをするならば、大きいテーブルじゃなくても大丈夫。小さいがものの方が軽いし、さらに、折りたたみ式ならコンパクトにまとまるので持ち運びが楽ちんです。

ちなみに、折りたたみテーブルは、楽天のテーブルランキングでも上位に入っている人気商品なんですよ。
CHECK>>楽天でテーブルの売れ筋ランキングを見てみる

ピクニックテーブルは軽量で折り畳みができるものがおすすめ

テーブルの上に置けば物が倒れにくいし、少し高さが出るので食べやすくなります。また、赤ちゃんの手が届かないので、触ってぐちゃぐちゃにされる心配もありませんね。
しかし、子連れでピクニックに行くときって荷物が多くなりがちです。汚れた時の着替えとオムツの替え。こどもの飲み物、レジャーシートに日よけの帽子、ベビーカーなどなど。テーブルなんて持つ手なんてないわ!となってしまいます。そんな時に、軽くてコンパクトに折りたたみができるテーブルなら、そんなに邪魔にならないし、ベビーカーの荷物入れに入れることもできるので、とっても便利です。

ピクニックテーブルのおすすめポイント

ピクニックテーブルのおすすめポイントを紹介します。

コンパクトに折りたためる

持ち運ぶときや、使わないときは、テーブルを二つ折りにして、パタンと閉じるだけ。テーブルの脚は、テーブルの内側に収納できるからコンパクトにまとまります。車のトランクや家の収納棚のちょっとした隙間にしまっておけますね。

軽量で持ち運びが楽

重さは約1kgなので持ち運びの負担になりません。こどもでも運ぶことができる重さです。取っ手が付いているので、持ちやすさも◎。別売りの専用ショルダーバックにしまえば、両手が空くのでもっと便利ですね。

ドリンクホルダー付き

紙コップやペットボトルを入れるホルダーが4つ付いています。コップを倒して飲み物がこぼれる心配がなくて助かりますね。

袋かけフック付き

テーブル4カ所に袋をかけられるフックが付いています。取っ手があるビニール袋をかけておけば、ゴミをすぐに捨てられるし、袋が風で飛ばされる心配がありません。

収納ポケット付き

テーブルの内側が収納スペースになっています。テーブルの脚やドリンクホルダー、ビニール袋やウエットティッシュなどを一緒に入れることができます。

ピクニックテーブルの口コミと評価

では、実際にピクニックテーブルを買った人の口コミをチェックしてみましょう。

・思わず手をついて体重をかけてしまうとグラッとします。

・テーブルの中心に力を加えるとしなります。

強度が弱いので、家での普段使いには不向きです。

・軽くて持ち運びが楽です。

・ドリンクホルダーが便利。安定しています。

・色が可愛くて気に入りました。

・外でお弁当を食べたり、飲み物を置く分には十分使えます。

・お弁当を持ってピクニックに行くときに、いつも台がなくて不便でした。とっても重宝しています。

・購入して3年経った今でも使っています。

・3歳のこどもでも組み立てや片付けができるくらい簡単です。

・収納も場所をとりません。

・カラフルで明るく元気な気分になります。

・こどもが気に入って自分で組み立てて使っています。

・お庭で使えばピクニック気分が味わえます。

・公園で簡易テントを広げて中で食事をするために購入しました。

・外付けのカップホルダーがめちゃくちゃ便利です。

 

>>もっと他の口コミを見たい方はコチラ★(楽天市場)
口コミ数2914件もあるのに、楽天総合評価は☆4.40となかなかの高評価です。(2020年6月23日)
安定感があって、しっかりした作りのテーブルが欲しい人には向きません。取り外しのできる脚は、体重をかけると外れてしまうので気を付けましょう。

さいごに

赤ちゃんやこどもと出かけるときって、気合が入りすぎると逆に面倒になってしまいます。ピクニックも、「今日は天気がいいから公園にいってみようかな。」とか「買い物帰りに近くの公園でお昼を食べよう。」というくらい気楽に考えて出かけてみてください。思い立ったらすぐ行動にうつせるように、ピクニックテーブルとレジャーシートは、まとめて車の中に入れておいてもいいですね♪

タイトルとURLをコピーしました