フランフランパンケーキメーカーディズニーの使い心地を隠さずレビュー

フランフラン(Francfranc)とレコルト(recolte)のコラボ商品、ディズニーミニパンケーキメーカーの使い心地レビューです。使ってみてよかったところ、使いにくいと感じたデメリットも本音で書きました。

フランフランにフラッと立ち寄ってたまたま見つけた、ディズニーのミニパンケーキメーカー。「ミッキーのパンケーキが簡単に家で作れる」なんて、ディズニー好きにはたまらない、ツボ商品です。

ディズニーミニパンケーキメーカーは「想像以上に便利だった!」アイテムです。

実は、ミニパンケーキメーカーを買ったときは、見た目がかわいいから見栄えがいい。くらいかな~と思っていたんです。でも、実際使ってみたら、普通にホットケーキを作るより洗い物が減るし、時短にもなるって気づいたんです。

狭いアパートでも余裕で置けるコンパクトサイズなため、一気にたくさん作れないのがデメリット。大家族、食べ盛りの子どもがいる家庭では逆に大変です。(何度も焼くより、一度に大きく焼けるフライパンの方が便利そう。)

実際に使ってみたレビュー写真(失敗もあり)、デメリットやメリット、こんな人におすすめというのも書いたので、参考にしてみてくださいね。

ミッキーのパンケーキメーカー(フランフラン)のレビュー

ミニーちゃんはピンクで可愛かったのですが、男女問わず愛されているミッキーにしました。
ミッキーミニパンケーキメーカー

箱側面にはスペックが記載されています。580gなので、そんなに重くありません。味噌くらいの感覚です。(逆に分かりにくい?笑)

箱も、まあまあコンパクトです。

吊戸棚に入れて収納しています。奥にモノが入っていても、全然余裕で入ります。

箱の中には取扱説明書と使い方(レシピ)ガイドと本体が入っています。

こんなおしゃれなスイーツタイム憧れますね~。

しょっぱいおかずと合わせれば、がっつり朝食にもなりますね。

本体の大きさはこちらです。

かなりコンパクトなので、ちょっとしたスペースがあれば使えます。

フタを開けてみました。
上にもミッキーが型押しされているので、両面ミッキー柄になります。

コックさんの帽子をかぶったミッキー、かわいい♪

足は吸盤のようになっているので、台にしっかりくっつくます。
誤ってぶつかっても、倒れないから、安全です。


電源ボタンは無いので、コンセントに差すと自動で電源が入ります。

焼く前にはまず予熱します。予熱中はランプが点灯します。予熱が終わると、小さい「カチッ」という音がしてランプが消えます。(アイロンと同じ)

予熱時間を計ってみたら、約2分45秒かかりました。
まあまあ時間がかかるので、予熱中に材料を準備すると効率がいいですよ♪

1回に入れる量は約60gです。ちゃんと量ったものが下の写真くらいです。
フライパンでホットケーキを作るとき、おたまを使って流し入れますが、ミニパンケーキメーカーの場合は、おたまだと大きすぎるので、スプーンを使うと簡単です。
1枚約3~4分で焼きあがります。
タイマー機能がないので、時間は自分でキチンと計りましょう。

ひっくり返す手間もなく、丸くて可愛いミッキーパンケーキの出来上がり♪
・・・焼きムラありますけどね苦笑

裏側の方が、まだきれいに焼けている印象かな。

フライパンのときと同じで、2、3枚目になるときれいに焼けます
【2枚目】

【3枚目】

【作り方のポイント】焼きあがったあとにバターを塗ると、表面がテカってしまい、せっかくのミッキー柄が分かりにくくなります。(なので、バターは生地に混ぜておくのが、コツです)

【失敗例】
初めて作った時に、1回に入れる量を計るのが面倒で、てきとうに入れてみた結果・・・

わわわ!!生地が溢れてきたー!!

溢れた生地には火が通らないので、ベタベタだし、食べられません。丸形いっぱいに流し込んでしまうのはNGですよ~。

使い終わった後のミニパンケーキメーカー。焦げ付きや汚れが全然ないですよね~。これなら、ササっと拭くだけでお手入れも簡単です。

ホットケーキミックス1袋で、だいたい5~6枚作れます。(ちゃんと量って作れば、6枚できるそうです。)

1枚の大きさは約9.5cmです。大人なら2枚は余裕で食べられます。

パンケーキを作っている間に、おかずを作れば時短にもなりますよ。

ディズニーミニパンケーキメーカーミッキーレッドのデメリット

便利なので何度か使いましたが、人によってはデメリットだな~と思うポイントがいくつかありました。

・一度にたくさん作れない
・本体が水洗いできない
・本体が熱いから危ない
・自分で時間を計る

一度にたくさん作れない

フライパンなら小さいのを2、3枚一気に焼くことができますが、ミニパンケーキメーカーは1枚ずつしか焼けません。たくさん作る必要がある人には、逆に手間になってしまいます。

本体が水洗いできない

お手入れはクッキングペーパーで拭くだけです。こびりついた汚れは固く絞った布などで拭き取るだけで、水洗いはできません。

清潔さを気にする人には、不衛生に感じるポイントですね。

本体が熱いから危ない

持ち手(ミッキーの形のところ)以外は、本体全体が熱くなるので、電源をいれたら、移動させたり、持ち上げたりすることができません。使い終わった後も、1~2時間は熱いので、すぐにしまえません。

小さいこどもがいたり、こどもと一緒に使うときは注意が必要ですね。

自分で時間を計る

タイマーどころか電源ボタンさえありません。コンセントを入れたら、勝手に電源が入ってしまいます。キッチンタイマーのセットを忘れてしまうと、何分焼いたか分からないのが、めんどうかも。

私の場合、最後の1枚を流し入れたら、すぐにボウルや泡だて器を洗い始めるので、そのときにやりがちな失敗です。

もし、忘れてしまっても、フライパンで焼くのと同じ要領で、楊枝を差して確認すればいいだけなので、そんなに問題はありませんけどね。

ディズニーミニパンケーキメーカーをおすすめしない人

・調理器具はちゃんと水洗いして清潔にしたい
・1度に食べる量が多い(家族が4人以上)
・小さい子がいて触る危険性がある

こんな人には、逆に不便に感じるのでおすすめしません。

ディズニーミニパンケーキメーカーミッキーレッドのメリット

メリットはこの3つです。

・見栄えがいい
・洗い物が減る
・時短

見栄えがいい

丸く作るのが難しいパンケーキも、同じ大きさの丸になるから見た目もいい感じです。

洗い物が減る

ホットケーキって、工程は簡単なのに、使う調理器具がやたら多くて超ストレスだったんです。それが、ミニパンケーキメーカーを使えば、フライパンもフライ返しも使わないので、洗うのが超楽!おかげで、ホットケーキが気軽に作れるようになりました。

時短

タイマーさえセットすれば、そのままほっといてもパンケーキが出来上がります。なので、その間におかずが作れちゃうんです。朝の忙しい時間でも、効率よく朝食を作れるから嬉しい~♪

一口コンロしかなくて、先に作っておいたおかずが冷めちゃう・・ということもありません。

ディズニーミニパンケーキメーカーをおすすめする人

・見た目がかわいいとテンションが上がる
・ホットケーキが割と好きで作ることが多い
・洗い物がきらい

こんな人は、ディズニーミニパンケーキメーカーは便利ですよ。

ミッキーのパンケーキ型は使いにくい

ミッキー好きの我が家は、ずいぶん前にこんなのを買って、使っていました。
ミッキー型
これ、使いにくいです(笑)
外すタイミングを間違えると生地がべろーんとなって、ミッキーの形に見えない。最初に油を塗ってくっつかないようにしたり、何度も焼くから手間がかかる。そのうえ、洗い物もひとつ増えますしね。よほど気持ちにゆとりがあるときじゃないと使いません(笑)
でも、これの唯一いいところは、目玉焼きにも使えるところです。同じ目玉焼きなのに、ミッキーの形になってるだけで喜ばれるんですよね~。手抜き料理をカモフラージュするときに使ってます(^^)

最後に

フランフランで見かけたディズニーミニパンケーキメーカーは、可愛いだけじゃなくて、便利アイテムでした。簡単にできるから、ホットケーキを作る機会も前よりぐーんと増えましたよ。

ネットで買うと送料がかかるので、外出するのが苦でなければ、店頭で買う方がいいかもですね。

タイトルとURLをコピーしました